OWN SERVICE DXINTEGRATION

DX統合管理ソリューション「INTEGRATION」
DX Solution

DX推進時の構造/データ/導入課題を解決する。

DX推進時の構造/データ/導入課題を解決するための統合管理ソリューション「INTEGRATION」を提供しております。

ISSUE 課題点

DX推進人材の不足

DXを推進していくにあたり、専門知識を持った人材が必要不可欠な一方で、全社を横断した推進も必須となり、会社理解の深い人材もまた必要不可欠になる。その為、経営資源を十分に投下できていない(できない)ケースが散見される。

DX導入のTo-Be像の欠如

社会 / 市場 / 環境の変化に伴った大きな潮流の中で、事業デザインをどのように描くかは非常に重要である。一方で、「DX」という言葉、施策先行でマーケティングツールの導入が進められてしまっており、全社としての目指す姿が明確でないケースが散見される。

相互に連動する課題

人材問題が表面化するケースが多い一方で、その課題は氷山の一角に過ぎないことが多く、全ての問題は相互に繋がっており、個別対策では解決を望むことは難しい。

SERVICE サービス

導入定義

事業成長を実現するための戦略に基づき、導入の定義を行うまでを伴走いたします。 現システム構成、データの流れを調査・分解し、最適な形での設計をご提案致します。

導入定義

導入作業

各種システムやツールの導入をスピーディーに行っていくため、クライアント様のご状況に最適なプロジェクトチームを組成し導入推進を行います。 関係企業が多くなり煩雑になりがちな作業を一元管理し、クライアント様と伴走いたします。

導入作業

定義づけ(運用方針)

CXOレイヤーから現場の方まで含めた、クライアント様全体でDX推進を行っていくための運用体制の整備や、業務フローを構築いたします。 ミッション設計、定点観測の方法等含め、運用方針の策定を行ってまいります。

定義づけ(運用方針)

実行(運用)

データの収集から加工、分析、セグメンテーション、アウトプット方法まで、一貫して伴走いたします。 データに基づいた精度の高いマーケティング施策が実現できる環境をご提供いたします。

実行(運用)

検証 / 評価 / 起案

策定した各種定義やミッションに準じ、現状の実態に対して客観的な分析を行います。 各種セグメンテーションやシナリオ設計の見直し、アウトプット物のブラッシュアップを行いながら、高速でPCCAを回していきます。

検証 / 評価 / 起案

MACT METHOD MACTの提供価値

Massive Actには多様なスキルを保持した人材が集結

貴社状況に合わせた最適なプロジェクチームを組成することで、運用期、導入期、導入前検討期とどの段階からも一貫して一緒に歩ませて頂くことが可能となっている点が「INTEGRATION」の大きな特徴の一つとなっています。

Massive Actには多様なスキルを保持した人材が集結

SERVICE STEP サービスの手順

STEP01

1stセッション(初回無料)

フォームよりお問い合わせをお願い致します。*現施策フェーズによりご提供サービス、リソースが異なる為、ご希望のご支援サービスをお問い合わせください。要件が固まっていない段階でもセッションを通じてプロジェクト解像度を上げ、要件が具体化することもありますので、お気軽にお問い合わせください。*1stセッションは無料です。

STEP02

要件定義MTG/コンセンサス

1stセッションの内容を元にした要件定義作成~クライアント様内関係者との2ndセッションを行います。プロジェクトのスコープ対象、目的と手段、KPI定義などを定義した上で、必要な機能要件/体制・リソースをご提示致します。

STEP03

KICKOFF/マイルストーンご提示

プロジェクトにおける短期/中期/長期軸のマイルストーンをご提示し、貴社プロジェクトリソース、イメージとの摺合せを行います。情報連携方法、必要データ、環境要件、データ分析に必要な各種情報の整理など、KICKOFF後にプロジェクト実行における実務稼働を目指します。

STEP04

分科会立ち上げ/会議体での進捗報告と意思決定

プロジェクト推進時における個別テーマの分科会設定やステアリングコミッティ(最上位意思決定MTG)による、全体プロジェクトのマイルストーンを策定致します。

CONTACT このサービスのお問い合わせ

サービスについてのお問い合わせは、以下のフォームに必要事項をご入力のうえ、送信ボタンを押してください。
確認画面はございませんので入力情報にお間違いないかご確認ください。

*は必須項目です。

    お問い合わせサービス
    会社名
    例:株式会社Massive Act
    *氏名
    例:鈴木 一郎
    *メールアドレス
    例:info@massive-act.com
    電話番号
    例:03-6868-3627
    *お問い合わせの内容

    株式会社Massive Act(以下、「当社」)は、個人情報保護を当社の重要な責務と認識し、「https://massive-act.com/(以下「本ページ」)」を閲覧し、お問い合わせをされる皆様(以下「利用者」)の個人情報は当社が定める本プライバシーポリシーに則り、その収集や取り扱いには細心の注意を払います。

    1. 個人情報について

    ■個人情報とは本ページにおいて「個人情報」とは、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど利用者個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)を指します。本ページでは、利用者が個人情報を送信することを了承した場合にのみ収集されます。

    ■個人情報の収集目的本ページでは、お問い合わせに際し、利用者に個人情報を登録していただく場合があります。

    お問い合わせいただいた利用者の個人情報は、次の目的のために使用し、個人情報を適法かつ公正な手段で取得・利用させていただきます。

    当社は、利用者本人の同意がある場合を除き、以下の目的達成に必要な範囲を超えて、取得した個人情報を利用しません。

    1.本ページの提供・管理・運営のため

    2.当社がお問い合わせに返答するため

    3.本ページの運営を目的とする個人情報が特定されない統計データを収集・作成送付するため

    4.当社が利用者に必要な連絡をするため

    5.その他、利用者の同意を得た目的のため上記以外に利用の必要がある場合は、事前にその旨を連絡させて頂きます。

    ■個人情報の利用本ページが利用者の個人情報を利用又は第三者に開示するのは、下記の場合に限ります。

    1.利用者が同意を与えた場合。

    2.利用者と当社が契約の当事者になった場合で、当該契約の準備又は履行のため必要な場合。

    3.本ページが従うべき法的義務のため必要な場合。

    4.利用者の生命・健康・財産等の重大な利益を保護するため必要な場合。

    5.公共の利益の保護又は本ページ若しくは個人情報の開示の対象となる第三者の法令に基づく権限行使のため必要な場合。

    6.本ページが、利用者の属性の集計、分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」と称します)を作成し、新規サービスの開発等の業務遂行のために利用、処理する場合。

    また、本ページが、統計資料を業務提携先等に提供する場合。

    7.利用者の利益を侵害しない範囲内において、本ページ及び個人情報の開示の対象となる第三者その他当事者の利益のため必要な場合。

    8.申出が、裁判所、検察庁、若しくは行政機関の命令に基づく場合、または警察等の行政機関から捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合、又は弁護士法23条の2等の法令に基づく申出に伴う場合

    2. その他

    ■プライバシーポリシーの改訂について当社は、プライバシーポリシーの全部または一部を改定することがあります。重要な変更がある場合には、サイト上でお知らせします。

    以上

    ページトップ